back to TOP

admin |  RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ZOORO 製作發表新聞  2010/11/10 (Wed)

聽說現場有300名放參加發表會
是從5千多人中抽選出來的(?!)
然後..我終於知道為什麼演這麼久
因為製作費要十億日圓..要回本的關係吧?!(汗)
不知東寶10億有算發行DVD的版權在內嗎?

演員名單我只認識島田歌穗
在BB中演Masa的媽媽..歌聲演技都超讚
好想去聽島田唱歌喔(?)

相關新聞如下:
V6坂本昌行のライバルはあの後輩!? 「ゾロ ザ・ミュージカル」製作発表記者会見
2011年1月13日(木)から東京・日生劇場で上演される「ゾロ ザ・ミュージカル」の製作発表記者会見が、11月9日都内で行われ、主演の坂本昌行と、大塚ちひろ、石井一孝、島田歌穂、池田有希子、芋洗坂係長、我善導、上條恒彦らが登場した。

同作は、'08年にロンドンで初演、'09年にはローレンス・オリヴィエ賞で5部門にノミネートされ、その成功を皮切りにパリ、モスクワと世界の大都市で成功を収めてきた人気ミュージカル。19世紀のカリフォルニアを舞台に、父親への反抗心から村を飛び出した主人公のディエゴが、変わり果てた故郷に平和と正義を取り戻すために帰郷し“ゾロ”に変身して独裁者に立ち向かう姿を描く。

同作の演出を務めるクリストファー・レンショウ氏から「素晴らしい歌声、セクシーでカリスマ性があり、世界で一番のゾロになると思う」と評価を受けた坂本は、「そんな事をおっしゃっていただいて、ありがとうございます。レンショウ氏とはオーディションの際にお会いしたんですが、ものすごく緊張していて何も覚えていません(笑)」と振り返り、「オーディションは、結果よりその場に居られることがうれしくて頑張れました。夢が現実となり、いまここに居ることの重大さにプレッシャーを感じています」と、素直な胸の内を明かした。今回初挑戦となるフラメンコについて「ステップや形だけでなく、心の中の情熱を表現するのが難しい。僕のフラメンコは全部がバラバラで、かわいい状態です(笑)」と苦戦している様子。事務所の後輩でフラメンコに定評のある今井翼には「ライバルですね。僕のフラメンコを見せつけて『このミュージカルに出たかった!』と嫉妬させたい」と、勝負を挑んだ。同じく、フラメンコの練習に励むイネス役の池田が「フラメンコのことで頭がいっぱい。自宅や街中でもステップを踏んでしまって、ついに下の(マンションの)住民の方から『うるさい!』と苦情を受けてしまいました」と話す中、芋洗坂と我は「僕らは踊る以前にフラメンコシューズのサイズが無くて…ただいま特注でシューズの幅を広げていただいてます」と、ふくよかな体型ならではの悩みを明かし、笑いを誘った。

最後に、先月発表された先輩・東山紀之の結婚について、坂本は「ミュージカルを観に来て下さった時に直接報告していただいて、僕、うれしすぎてテンション上がってオープニング間違えちゃいました」と大喜び。自身の情熱は“ゾロ一直線”と語り、「色気や優しさ、カリスマ性を持ったヒーローなので、自分に無いものを演じられてうれしいです。熱い作品ですので、全キャストで情熱をそそいで頑張ります!!」と意気込んだ。
FM ザテレビジョン Web

世界一のゾロ、V6坂本昌行が念願かなえ
あの情熱のミュージカルが日本に来日する! 「ゾロ ザ・ミュージカル」の製作発表が11月9日、都内で行われた。
 「ゾロ ザ・ミュージカル」は、2008年にロンドン・ウエストエンドを沸かせ、2009年のローレンス・オリヴィエ賞で5部門ノミネートした名作。ついに来年2011年、日本での上演が実現する。主役ゾロ(ディエゴ)を演じるのはV6の坂本昌行。演出のクリストファー・レンショウは「世界で一番のゾロになると思う」と太鼓判を押した。

 製作発表では主演の坂本のほか、ディエゴの幼馴染ルイサ役の大塚ちひろ、ゾロのライバルとなるラモン役の石井一孝、女ジプシーの長、イネスを演じる島田歌穂、池田有希子(Wキャスト)、ラモンの部下ガルシア軍曹役の芋洗坂係長、我善導、そして物語の語り手である老ジプシーと、ディエゴの父アレハンドロ提督の2役を演じる上條恒彦が、扮装姿で登壇した。

 「東宝のミュージカルに出るのが夢だった」という坂本。自ら志願してオーディションを受け、主演に抜擢された。「夢が叶って嬉しいのと同時に、大きなプレッシャーも感じていますが、このミュージカルを熱く最高のものにするのが僕の使命だと思っています」と語った。ほかの出演者たちも「こんな大きなミュージカルに出演させていただいて夢のようです。魂のこもった熱いミュージカルをお届けできるよう頑張ります」(大塚)「この日を楽しみにしていました。僕はいつも不当に「顔が濃い」と言われるんですが、このミュージカルでは正当と言われるんではないかと(笑)。個人的に坂本君のファンなので、剣を交えられるのが楽しみです」(石井)「持ちうる限りの野生と、強さと、色気を引っ張り出して、体当たりで頑張りたいと思います」(島田)「今回、音楽はジプシーキングスということで、替え歌レパートリーを持ってます。新しいのも作っているので、是非劇中で披露したいです(笑)」(芋洗坂係長)と意気込みをみせた。

 「ゾロ ザ・ミュージカル」の見所といえば、剣で切り結ぶアクションや、情熱的な音楽に合わせたフラメンコ。キャストにとっては体力と技術が要される。坂本はフェンシング教室を自ら探したというほど。また、すでに稽古が始まっているというフラメンコの難しさは、キャストらの多くが漏らしていた。坂本は、「フラメンコのステップや形というよりも、そこで自分の中にある情熱を表現することがすごく難しいんだなと思います。ただ形を追うだけではフラメンコにはならない」とその奥深さを語った。

 製作発表では、坂本、大塚の歌、最後にはメインキャストとアンサンブルキャストらによるの情熱的なフラメンコが披露された。

 坂本は最後に、「このキャストで、熱い思い、情熱を全てつぎ込んで最高の「ゾロ ザ・ミュージカル」にしたいと思っています。皆さん宜しくお願いします」と締めくくった。

 「ゾロ ザ・ミュージカル」は2011年1月13日(木)より日生劇場にて。チケット発売中。

V6坂本ゾロ 本国が絶賛
人気グループV6の坂本昌行(39)が主演するミュージカル「ゾロ ザ・ミュージカル」の製作発表が9日、東京・芝の東京プリンスホテルで開かれ、キャスト21人が総出演。歌やフラメンコダンスも披露し会場を沸かせた。

 シェイプアップされた体に茶色い革の上着、口ひげというセクシーないでたちで登壇した坂本は「夢が現実になり、大きすぎてすごさがわからなかったけれど、ここに立ってわかりました」と緊張の面持ち。永遠のヒーロー、ゾロ役に「この作品を熱く最高のものにするのが僕の使命」と力強く宣言した。

 20世紀初頭から小説や映画で親しまれてきた「ゾロ」のミュージカル版は、2008年に英国で初演。ジプシー・キングスによる音楽と情熱的なフラメンコが受けて9カ月のロングランとなり、数々の演劇賞を獲得。フランスとロシアでも好評を博した。4カ国目となる日本では、今年1月に英国スタッフらによるオーディションが行われ、坂本が夢をつかんだ。

 オリジナル版から演出を手掛け、坂本を抜てきしたクリストファー・レンショウ氏は、この日のためにビデオメッセージを寄せて「彼に会って、なんて魅力的なスターなんだろうと衝撃を受けた。素晴らしい歌声で、セクシーでカリスマ性がある。世界で一番のゾロになると思う」と絶賛した。

 剣で戦うシーンもあり、坂本は「フェンシングのスクールを探して予約を入れた。フラメンコのレッスンも受けている」と役作りに没頭。ピアノとギターをバックに劇中の歌も披露して、5232人の応募から抽選で選ばれた300人の観衆を酔わせた。

 同作品は来年1月13日-2月28日に日生劇場(東京)、3月5-20日に中日劇場(名古屋)、3月24-28日に梅田芸術劇場メインホール(大阪)で上演される。
FM 中日sports

V6坂本舞台「ゾロ」でフラメンコ舞う
 V6の坂本昌行(39)主演舞台「ゾロ ザ・ミュージカル」(来年1月13日~2月28日、東京・日生劇場)の制作発表が9日、都内で行われた。独裁者に虐げられる故郷に平和を取り戻すため、黒いマントとマスクを着けて変身し独裁者と戦う青年を描く。

 オーディションで主演に抜てきされた坂本は「まさかこの場所にいられるとは。事の重大さが分かってプレッシャーを感じています」。フラメンコに挑戦するシーンもあり、フラメンコが得意な後輩、今井翼(29)に対して「見せつけたい。嫉妬(しっと)してもらえるように頑張る」とライバル心をのぞかせた。

 また、先輩の東山紀之(44)が木村佳乃(34)と結婚したことについても言及。「前作の舞台の本番前に、東山さんから『結婚するから』と報告を受けました。うれしくて1人でテンションが上がって、オープニングを間違えてしまいました」と話した。来年3月5日から名古屋・中日劇場、同3月24日から大阪・梅田芸術劇場でも上演される.FM 朝日新聞

坂本昌行、後輩・今井翼にライバル心 「嫉妬してもらえるように」
6人組グループ・V6の坂本昌行らが9日、都内でミュージカル『ゾロ ザ・ミュージカル』の製作発表に扮装姿で登場した。同作でフラメンコに初挑戦する坂本は、フラメンコを得意とする所属事務所の後輩・今井翼の名を挙げ「この作品を見て、嫉妬してもらえるようなシーンにしたい。見せ付けたい」とライバル心を燃やした。

 初舞台から来年で20年目の節目を迎える坂本が、弱気を助け、悪を挫く永遠のヒーロー・ゾロに挑む。東宝ミュージカル初主演でもある坂本は「夢の1つである東宝さんのミュージカルが現実のものになって、その真ん中にいることの重大さを感じてる」と使命感を語り、「自分にない部分が演じられるので、取り込んで、揉んで、ゾロを出していきたい」と意気込んだ。

 日本初上陸する同作は、ワールド・ミュージックの旗手のジプシー・キングスの音楽と、本場のフラメンコ・ダンサーが多数出演する大作。共演者の芋洗坂係長は「痩せる思いです」と額の汗を拭いながら「ジプシー・キングスの替え歌があるんです。“ボラーレ!”とか新ネタもあるので、直談判して劇中で歌えれば。最悪、打ち上げで歌います」と野望を語り、笑いを誘っていた。

 会見にはそのほか、大塚ちひろ、石井一孝、島田歌穂、池田有希子、我善導、上條恒彦らも登壇した。ミュージカル『ゾロ ザ・ミュージカル』は来年1月13日より東京・日生劇場を皮切りに名古屋、大阪でも上演。
FM スポーツ報知

V6坂本「ヒーロー役なのに弱気な感じ」
V6の坂本昌行(39)が9日、来年1月から上演する主演ミュージカル「ゾロ ザ・ミュージカル」の製作発表会見を都内で開いた。

 「東宝のミュージカル出演は夢の1つだったので、現実になるとプレッシャーを感じる…ヒーロー役なのに弱気な感じですみません」と笑わせながら、「最高にアツい『ゾロ』にしたい」と意欲満々。会見中に劇中ミュージカルナンバー「ホープ~希望の歌」を披露する場面もあり、堂々と歌い上げた。

 フラメンコやフェンシングも練習を始めたと明かしたが、フェンシングについては「練習場は予約が3週間後までイッパイと言われてしまって、稽古始まっちゃうじゃないか、と思った。家でユーチューブ(YouTube)見たりして自分なりに練習してます」と苦笑していた。大塚ちひろ(24)、石井一孝(42)らの共演で来年1月13日~2月28日に東京・日生劇場で上演、3月に名古屋と大阪でも上演する。
FM サンケイスポーツ

COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

意思是我沒抽到不用太難過!?!?!?

因為機率太小(昏)

10億,
天呀,
這樣扛票房,
壓力大到爆炸…

我希望他過的快樂就好呀。。。

2010/11/11(Thu) |URL|ken [edit]

但我都懷疑真有那麼多人嗎(喂)
是啊.Masa平常心好好表現就很棒了
希望他能撐過就好^^;

2010/11/13(Sat) |URL|アニー [edit]
Trackback
トラックバックURL: http://route724.blog121.fc2.com/tb.php/268-487cae77
Template by :FRAZ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。